>TOP  >PARTS  >GALLERY  >ORDER  >REPAIR  >FACTORY  >BLOG   >Twitter  >LINK  >MAIL  

> 修理出来ない事例

 

 

 

 

  こちら社外製のアルミタンクの修理依頼でした。

  パテで補修してある部分よりガソリンが漏れるとの事でした。

  パテを剥がしてみると、そこには穴がありましたが・・・

  どうも磨き過ぎて薄くなってしまったような穴です。

  穴周辺はアルミ缶位の薄さでした。

  これでは溶接して直すのは難しいです。

  周辺を切り取っての修理か、ロウ付けがベストでしょうか。

 
  タンク内部。

  補修材がゴッテリ入っていました。

  これではもうお手上げです。

  溶接すると裏側の補修材まで溶かしてしまい、100%上手く溶接出来ません。

  また、熱で剥がれたり炭になった補修材が後々キャブに詰まったり、

  オーバーフローを起こしたりする原因となります。

  そういった事例を数多く見てきていますので、

  お客様がそれでもいいと言ってもウチではお受け出来ません。

  お断わりさせて頂きました。

  モンキー純正タンク。

  4L?で出来れば使いたいとの事でした。

  裏側にはパテがテンコ盛です。

  そこからガソリンが漏れてきています。

  突付いたらどんどん穴か空きました。

  サビサビです。

  広い範囲で切り取ってみましたが、どこまでもサビサビです。

  古墳から出てきた青銅の武器ではありません。

  こうなってしまったら、溶接というアプローチはもう出来ません。

  予算的にも厳しくなり中断いたしました。

 

  こういう場合は、どこまで使えるかは分かりませんが先に挙げた補修材からの

  アプローチの方が可能性がるかもしれません。

  ウチではやりませんけど。

  補修材にも様々ありサビを落とすタイプではダメでしょう。

  タンクが無くなってしまいます。

  ドロドロでコーティングならもしかしたら?

   FactoryZERO 〒359−0002 埼玉県所沢市中富1033 04−2933−8250     【 訪問販売法に基づく表示 】