>TOP  >PARTS  >GALLERY  >ORDER  >REPAIR  >FACTORY  >BLOG   >Twitter  >LINK  >MAIL 

 

>PARTS >NSF100 >HISAタンク >Type-ECO

 カートを見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HISAタンク Type-ECO

¥64800−

スペアタンクカバー

¥16200−

 

(写真は準備中です。実物とは異なります)

FRP製のタンクカバーとアルミ製のインナータンクのセットです。

スプリントレース専用に開発した超軽量タンクです。

 

絶対的な軽さと、ガソリン移動量の減少によるマスの集中化によって、

優れた運動性能を誇ります。

 

整備性にも優れ、殆どの作業はタンクカバーのみの取り外しで行えます。

殆どの場合、キャブジェット交換等はそのまま行えます。

 

残ガスの管理が容易で、一目で分かります。

最後の1滴まで使える設計ですので、無駄がありません。

決勝時、ガソリンの入れすぎによる無駄な重量増も防げます。

 

インナータンク容量  約4L弱

重量 約1500g  (参考値 純正タンク+キャップ 3400g)

 

セット内容

タンクカバー インナータンク キャップ Oリング 取り付け小物類

キャッチタンク ホース ワンウェイバルブ タイラップ等

 

↓筑波、桶川で活躍中の谷川太一選手のインプレッション↓

 

 

純正のタンクはガソリンを全て使い切る事が出来ません。

また車体が小さい事もあり大人がニーグリップすると、タンクの形状と膝が当たる部分がベストな位置に来ません。(身長180センチ)

そんな問題を解決出来るのがこのタンク!

MotoGPを彷彿とさせる最低限のアルミタンクにFRPのタンクカバーを被せる形になっています。

重量は純正が3400グラムに対して、こちらはたったの1500グラムになります。

更にこのタンクであれば最後の一滴までガソリンを使い切れますので、

製品の重さ+ガソリンでかなりの軽量化が出来ます。

ミニバイクでこの差はかなり大きいと思います。

桶川をはじめとしたカートコースの細かい切り返しではバイクが体感で軽くなり、よりクイックな切り返しと倒しこみが可能になります。

本当に体感で軽くなりますので、ライダーの負担も減る事から体力の消耗も抑える事が出来ます。

終盤に勝負!というレース展開ではかなりの武器になります。

ニーグリップの面ではタンクの高さを上げてありますので、大人の方の膝がしっかりとベストポジションにハマる様になっております。

そして何よりもタンクを外す事無くキャブレターへのアクセスが出来る為に、特にキャブセットが必要なチューニング車には細かなセッティングが容易になります。

これはある意味感動的な手軽さで、元に戻れなくなりますよ♪

 

 

   FactoryZERO 〒359−0002 埼玉県所沢市中富1033 04−2933−8250     【 訪問販売法に基づく表示 】